はははのは

はははのはは効果なし?本当は知らなかった本当の話

自宅で簡単にホワイトニングが可能だと話題の「はははのは」。ネット上でも効果のあった話が多いのですが、効果がなかったという話も実際あるようです。歯の黄ばみや着色はその人のイメージを大きく変えます。「はははのは」は使用している成分も安全だとの事から子供さんにも使用されているご家庭もあります。効果の有無はもちろん、商品の成分にも着目しながら本当の話を探っていきます。

どうしても効果の出ないパターン

実は、使い方も正しく、期間もしっかり使っているにも関わらず効果が出ない場合がいくつかあるのです。もし、効果が出ないという場合はご自身の歯の状況を当てはめてみてください。

 

・神経が取り除かれた歯
これは虫歯などの治療等により神経を完全に取り除いてしまった場合、その歯はどうしても黒っぽく色が変わってきてしまうのです。この様に治療などで変色してしまった歯を元の白さに戻す事はできないとされています。
・詰め物や金属の影響を受けた歯
こちらも歯の治療等によって詰め物が多くを占めている歯や、詰め物自体のイオンがしみ出てしまってそれが歯に着いて着色となる場合もあるのです。この様に人為的な物による着色は取り除くのが難しいとされています。
・内服薬の副作用を受けた歯
テトラサイクリンという抗生物質の副作用で歯の着色が見られる場合があるのです。永久歯が作られるとされる生まれてから8歳前後までの間にこれらの抗生物質を服用した場合、歯の黄ばみのような変色やエナメル質が完全に作られなくなってしまったり、骨の発達が未熟になってしまったりする事例があります。この様に体の中から薬の影響での着色や変色は効果が期待できない場合もあります。
・エナメル質が限りなく薄くなってしまった場合
いつもの食事や歯みがきが強すぎたりするとエナメル質が自然と削れてしまう場合があります。エナメル質とは歯の一番表面の部分で、象牙質に覆いかぶさっています。エナメル質自体に神経はない為に自然と削られて減っていっても気付きにくいのです。この下の象牙質が黄色というか、黄ばんだ色をしているのでそれが薄くなり過ぎたエナメル質から透けて見えてしまっている場合もあります。この場合は外側から歯に付いた汚れでの黄ばみではないので、落とす事はできません。

成分は本当に安全なのか

良くなかった口コミの中に「2週間程使用したが効果はなかった。やはり研磨剤が入っていないから仕方ないのか…」と言うものがありました。研磨剤は歯の表面の汚れをヤスリの様に削って白くしようというものです。もちろんやり過ぎればエナメル質を削ってしまう恐れもあります。研磨剤の方が確かに効果を感じるのは早いかもしれませんが「はははのは」は削るという作業無しに安心で安全なホワイトニングを目指しています。しかも1度削れたエナメル質は元には戻りません…。ではなぜ「はははのは」で歯が白くなるのでしょうか?
実際に全成分を見ても、研磨剤や漂白剤・着色料・発泡剤・合成界面活性剤・パラベン・香料などの危険な成分は一切入っていませんでした。配合された代表的な成分を紹介します。

 

・ポリリン酸ナトリウム
色が着いた汚れを落とす成分。黄ばみや油汚れなどを浮き上がらせて落とす作用がある。
・メタリン酸ナトリウム
タバコのヤニや赤ワインなどで着色してしまった歯のステインの汚れを引きはがす様に除く作用がある。
・パパインソープナッツ
引きはがされたステインを分解して流す作用がある。
・その他10種類にも及ぶ天然のオーガニック成分
歯垢を落として口臭を消し予防する作用、歯のコーティングをし新たな黄ばみから歯を守る作用がある。

 

そして更に製薬会社と一緒に作成された為、ISOの認定工場で徹底された品質管理の元製造されているので成分だけでなく作られる工程もとても安心なのです。

どの様に使用すれば本当に効果が出るのか

効果がなかった口コミの中には短い期間しかまだ使用していない方もいらしたようです。この期間も大切です。だいたい「はははのは」による白さの効果を感じるには毎日使用して1ヶ月〜3ヶ月はかかります。また、酷いタバコのヤニでの汚れや赤ワイン・コーヒーなどによるしつこい着色も半年続けて使用すれば綺麗な白い歯に戻ると言われています。まず、この位の期間は徹底して続けてる事が大ポイントです。そして使い方は寝る前は必ず磨く。強く擦ってはいけない。それと裏技的にはなりますが、綿棒につけて歯の汚れのある所に塗って少し時間を置き、もう一方の乾いた側の綿棒で汚れを擦るともっと落ちやすくなります。
せっかく購入したのであれば、この様な使い方を正しく理解して自分の歯の状態を見極めてより効果が出る様にしたいですね。